月5万円で1億円の道筋をたてる「ゴイチ」セミナー

お金の勉強セミナー

お金の不安ってない?

もちろんあるわよ!
去年年金2000万円問題ってあったしね。

その年金2000万円問題の裏話教えてあげよっか?

年金2000万円問題の裏話ってなに?

あの2000万円問題は、年収300万円の人をベースに組み立てられた試算なんだ

それのどこが裏話なの?

つまり、年収300万円の人は、2000万円貯めておかないと、
老後に同レベルの生活を送れないってこと!‼

えっ!
じゃあ、2000万円なかったら、生活レベルを下げないといけないの?

うん、そのとおり。
年収300万円以上の人、例えば500万円の人は、2000万円貯めていたとしても、生活の質を下げないといけないんだよ

えっ⁉
じゃあ、2000万円なければ、住んでいるところ変えたり、外食の回数を減らしたりしないといけないってこと?

そうなんだよ。
でもそうゆう大事な話をする前にこの話は消えてしまったんだけど、
そうゆう状況というのは変わっていないんだよ。

老後はゆっくりのんびりって考えてたんだけど、とてもそんな状況じゃないわね。

うん、正しく理解していないと老後大変なことになるってことだね。

うーん、お先真っ暗って感じだね。なんか対策ないの?

もちろん、対策はあるよ。
しかも若いほど時間というものを武器にして対策をとることができるんだよ。

どうゆうこと?

簡単に言うと、ファイナンシャルリテラシーを身に着けるってこと。

ファイナンシャルリテラシーって・・・・何?
最近よく聞くような気もするけど・・・

ファイナンシャルリテラシーというのは、お金の知識を正しくもっているかということ。
日本では、お金は怖いものだったり、あまりお金の話をすることを美徳としない風習があって、ファイナンシャルの勉強というのがあまりしないで大人になるんだよ。

確かに義務教育でお金の勉強はあまりしないわね

そうなんだよ‼
だから日本人のファイナンシャルリテラシーが低いって言われているんだよ。

じゃあ、このファイナンシャルリテラシーを磨けば、老後安心して過ごせるってこと?

そのとおり。
安心して過ごせるどころか、早期リタイヤも可能になるんだよ

すごーい‼
でもファイナンシャルリテラシーってどこで勉強すればいいの?

今だったら、Youtubeやブログやサイトなどで色々と親切・丁寧に教えてくれるところもあるよ

でも、お金って絡むと詐欺や強引な勧誘が心配だわ

確かにお金に関して重要なことは、
・詐欺にあわないこと
・リスクを見極めること
が重要だよ

でもその見極めのためにはどうすればいいの?

やっぱり、一人だけの意見を傾聴しないで、
色々な人の本だったり、Youtube動画であったり、ブログを読むことかなぁ。

そうね。
色々な人の意見を聞くことで、どれが正しいのか間違っているのかが見えてくる気がするわ。
でも最初はどれがいいかしら。

そんな人にオススメのセミナーが、
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」だよ


セミナーって、高いんじゃないの?

有料のセミナーもあるけど、導入のセミナーは無料だよ!
導入といってもガッツリ4時間教えてくれるんだよ!

有料のセミナーがあるってことは、その勧誘目的で、無料セミナーが終わった後強引な引き込みがあるんじゃないの?

無料セミナーが終わった後に、有料のセミナーの紹介が数分ある程度で、まったく強引な勧誘はないよ

絶対的中立の立場をとっているから、他の勧誘もないし、安心して

でもいきなり知しらない人とはちょっと・・・

そうゆう人には、Web受講もあるよ。

Webだったら、好きな時に受講できるから安心ね

 

 

そして話をぐっと戻して、老後の2000万円問題に。

このファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」のあとに、
月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナーがオススメだよ


月5万円で1億円の資産ができるの?

うん、時間をかけて、再現性のあるやり方で1億円をめざす道筋をつくるんだよ。

再現性があるということはギャンブルではないってことね。

そのとおりだよ。
コロナで働き方改革が進み、世の中の働き方が変わってきてお金に対する考え方も変わってくるからね。
この変化の波に上手くのっていきたいね

 

 

今回ご紹介したファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」月5万円で資産1億円作る「ゴイチ」セミナーは私も受講しました。

 

 

受講した結果はコチラの記事に書いておりますので、合わせて読んでいただければ幸いです。

無料のお金の教養講座で、自分を変えるキッカケをGET‼

月5万円で資産1億円を作る「ゴイチ」セミナー受講レビュー

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました