【煎茶】お茶の種類がわかる【玉露】

生活

日本人の生活に根付いているお茶ですが、多くの種類があります。
ただお茶の種類は知っているものの、その違いについて明確に回答できないので、調べてみました。お茶は、年を重ねれば重ねるほどその良さがわかりますし、またプレゼントにも良いものですね。

煎茶

煎茶は、新芽の新鮮さを大事にするために、摘みたての茶葉をすぐに蒸気で蒸した後、揉みながら乾燥して作ります。

日本茶の代表ともいえる緑茶で、さわやかな香りとまろやかな旨味とほどよい渋みがあります。

水色は、黄みがかった緑色をしています。

深蒸し煎茶

煎茶と同じ栽培法で作られ、一般的な煎茶よりも2~3倍長い時間蒸して作られます。

蒸す時間が長いので、普通の煎茶より香りは弱いが、渋みが抑えられ濃厚な味になります。

水色は濃い緑色です。

冠(かぶせ)茶

摘採1~2週間前に茶園の新芽に直接を覆いを掛け栽培します。
加工は新芽を上記で蒸した後、揉み、乾燥させて作ります。

煎茶と玉露の中間に位置するかぶせ茶は、煎茶のさわやかさと玉露のような旨味を併せ持ちます。

玉露

柵を設けた茶園で、新芽が伸び出したころから20日間程度、稲わら等で茶園を囲い、日光をさえぎって栽培します。

上級な玉露は「手摘み」にて摘採する。加工は煎茶と同様に新芽を、上記で蒸した後、揉み、乾燥させて作ります。

日本のお茶の中でも高級品。
日光を遮ることで、覆い香という上品な香りを持ち、アミノ酸(テアニン)が増え、旨味の強いお茶になります。

上級の玉露は淡い緑で濃度感を持ちます。

てん茶

栽培法は、玉露同様に、覆い下で栽培されますが、玉露よりも長い期間覆います。
加工は玉露と違い、茶葉を蒸した後、揉まずに「てん茶炉」といわれる乾燥炉で乾燥させ、茎や葉屑を取り除きます。

てん茶を挽くと抹茶になります。

香ばしい覆い香と強い旨味が特徴で、そのまま料理に使うこともできる。

抹茶

てん茶を石うすで丁寧に挽いて、微粒子上の粉末に加工したものです。

香ばしい覆い香りがあり、旨味・甘味の深い味わいを持つ。微粒子上の茶葉をそのまま飲むので、ビタミンEや食物繊維が豊富です。

水色は深緑色です。

まとめ

各々のお茶の違いを簡単にまとめると、この表のようになります。

これらの違いをみて、味を楽しむのもまた良いと思います

煎茶 深蒸し煎茶 冠茶 玉露 てん茶 抹茶
覆う × × ◎< ◎<
蒸す
揉む × ×
乾燥
挽く × × × × ×
◎<:より長く実施, ◎:長く実施, ○:実施, ×:実施しない

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました