小学生からプログラミング的思考を身につける方法

生活

小学生からプログラミング的思考を身につける方法

新学習指導要領では、2020年から小学校からプログラミング教育が必修化されました。

プログラミングというと、パソコンの前でプログラムを書いているシステムエンジニアやプログラマーなどをイメージされ、パソコンを主とした授業をイメージされますが、小学校からこれを目指すわけではありません。

このプログラミング教育は、プログラミング的思考(論理的思考)を身に着けるためのもので、決してパソコンに興味があるないではなく、将来働くことの根幹の一部となるものです。

またこのプログラミング教育は、科目ではなく、今までの授業の中に取り組まれるので、その時間は十分とはいいがたいです。

そこで今回は、このプログラミング教育がどのようなものなのかというというものを掘り下げていくとともに、どのように身に着けるべきかをまとめました。

D-SCHOOLへはこちらから

プログラミング教育が導入された意図

文部科学省の「プログラミング教育の推進」には以下記述があります。

【知識・技能】

(小)身近な生活でコンピュータが活用されていることや,問題の解決には必要な手順があることに気付くこと。

(中)社会におけるコンピュータの役割や影響を理解するとともに,簡単なプログラムを作成できるようにすること。

(高)コンピュータの働きを科学的に理解するとともに,実際の問題解決にコンピュータを活用できるようにすること。

【思考力・判断力・表現力等】

・発達の段階に即して,「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために,どのような動きの組合せが必要であり,一つ一つの動きに対応した記号を,どのように組み合わせたらいいのか,記号の組合せをどのように改善していけば,より意図した活動に近づくのか,といったことを論理的に考えていく力)

を育成すること。

【学びに向かう力・人間性等】

・発達の段階に即して,コンピュータの働きを,よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度を涵養すること。

プログラミング的思考の必要性

一番の重要をポイントは、「プログラミング的思考」です。

プログラミング的思考は、パソコン業務に将来的につかない方でも大変重要な思考です。

 

著名人の方、テレビに出てこられるコメンテーターの方が、頭の回転がはやいなと感心することはないでしょうか。

頭の回転がはやいとは、その解に至るまでの論理的な道筋を瞬時にたてることができることです。

 

コメンテーターは、知識をもとに、論理矛盾なく、その場でコメントを求められますが、その速度がとても速いです。

では、この能力は生まれ持ったものかといわれるとそうではありません。

 

練習・訓練で身につく技術です。

そしてこのプログラミング的思考は社会人になるとこの能力はとても重要です。

このプログラミング的思考を学ぶことで、自分で解決までのストーリーを描き、物事を抜けなく理解すること、質問力、説明力、判断力などにつながっていきます。

プログラミング学習の開始タイミング

プログラミング学習は、早いところだと小学1年生から、国語などの教科で取り入れられます。

なるべく早くに受講を開始することがおすすめです。

プログラミング学習の授業の取り入れ方

勘違いされる方も多いのですが、プログラミング教育は、教科、科目として導入されるわけではありません。

小学校では、国語、算数や理科、音楽、総合、といったような普段の教科の中でプログラミング教育が実施されます。

つまりそれだけを専門的には、小学校で学ぶことはできないということです。

プログラミングスクールの必要性

プログラミング教育は従来の授業から新たに追加された項目であり、親世代もこの教育を受けてきたわけではないので、正しく理解し、子供に教えることが難しいです。

そこでおすすめなのが、プログラミングスクールです。

プログラミングスクールは、小学校では十分に確保できないこのプログラミング教育を補ってくれます。

 

おすすめのプログラミングスクール

D-SCHOOLがおすすめです。

考える力、造る力、伝える力を、プログラミングスクールを通じて学ぶことができます。

D-SCHOOLは、月額3,980円で、100以上のコンテンツが受け放題の月額制(サブスク)です。

D-SCHOOLへはこちらから

 

まとめ

新学習指導要領で、プログラミングが必修として加わります。

プログラミングは、小学校では現在ある科目中に組み込まれます。

プログラミング的思考は、社会人になっても重要な思考です。

D-SCHOOLはプログラミング的思考をみにつけるのに良いスクールです。

D-SCHOOLへはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました