つみたてNISA 2019年度実績報告

つみたてNISA

購入銘柄;岡三-日本株式Jリート、楽天VTI、SBI・バンガード・S&P500

私は、2019年3月からつみたてNISAを買い始めました。 購入しているのは以下の銘柄です。

  • 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • 岡三-日本株式・Jリートバランスファンド
  • SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

これら銘柄をSBI証券で毎日積み立てております。

 

2019年の運用実績についてまとめました。

 

楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

 

2019年3月5日よりこのファンドのつみたてを開始しました。

2019年末の実績

積立金額 \ 132,930
評価金額 \ 145,530
評価損益 + 12,600
+9.5%

8月に若干落ち込んだ時もありましたが、1年を通じて堅調に成長しました。

特に10月以降、伸びが大きく最終的に+9.5%となりました。

 

 

岡三-日本株式・Jリートバランスファンド

 

2019年5月13日よりこのファンドのつみたてを開始しました。

2019年末の実績

積立金額 \ 162,450
評価金額 \ 169,019
評価損益 + 6,569
+4.0%

こちらは、楽天VTIと比べると利幅は大きくはないですが、こつこつ堅調に伸びてきました。

 

 

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

2019年10月21日よりこのファンドのつみたてを開始しました。

2019年末の実績

積立金額 \ 46,531
評価金額 \ 48,244
評価損益 + 1,713
+3.7%

こちらは、約2ヵ月程度の積立期間しかありませんでしたが、+3.7%を達成しました。

2020年はアメリカ大統領選があることから、どこまで伸びるのかが楽しみです。

 

まとめ

2019年をまとめると、2019年は好調な株価にささえられ、プラス収支で終えることができました。

積立金額 \ 341,911
評価金額 \ 362,793
評価損益 + 20,882
+6.1%

グラフで見ると、一時期、元本割れを起こしていたときもありました。

このように紆余曲折ありながら、右肩上がりで上がっていけばいいなと思っております。

 

反省点としては、11月12月と積立金額をあげて、

つみたてNISAの満額となる40万円を積み立てできるようにしたつもりでしたが、

結果は、34万円とまったく到達しませんでした。

 

どこでどう計算を間違えたのか・・・

恥ずかしい限りですが、しょうがないですね。

 

銀行で眠っていたであろう34万円が、つみたてNISAで+2万円となり、36万円となりました。

銀行の利子で決して到達しないこの金額。

2020年もこのまま、こつこつと積み上げていきます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました