つみたてNISA実績報告 評価損益 +1.07%@20200719

つみたてNISA

購入銘柄;岡三-日本株式Jリート、楽天VTI、SBI・バンガード・S&P500

2019年3月からつみたてNISAを買い始めました。 購入しているのは以下の銘柄です。

  • 岡三-日本株式・Jリートバランスファンド
  • 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

これら銘柄をSBI証券で毎日積み立てております。

先週のトピックス

 

・S&P500種株価指数は週間ベースで、3週連騰

・新型コロナ新規感染者、米 過去最多の7万1000人超

 

投資信託の勉強・セミナー

投資をはじめようと、口座を開設しようとしている人が多いようです。

むやみに投資に手を出して儲かるほど簡単な世界でもありませんので、
セミナーなどを受講されて、いい悪いは別として知識をしっかり身に着けてから、
勝負することをオススメします。

オススメセミナーが「ファイナンシャルアカデミー」のセミナーです。

年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」

 

体験から有料講座に行こうとする場合お金が必要ですが、
この手のセミナーによくある、その売込みも全くしつこくありません。

 

気になった方はまずは無料体験からいかがでしょうか。

私も無料体験を受けましたので、あわせて確認ください。

参考:)ファインシャルアカデミー無料講座受講体験談

 

他にもこのような講座があります。

お金の学校が教える【投資信託入門講座】

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

 

無料で受講できますので、まずは知識を手に入れて、その後有料の価値があるかどうかは自身で判断!

 

個別株を少さな金額から開始したい方は、SBIネオモバイル証券がオススメです。

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

 

今週のつみたてNISA運用実績結果

 

ようやくプラスに転じました。

55.5万円の投資で、5900円のプラスです。(+1.07%)

 

これを小さいとみるか大きいとみるかですが、
銀行の金利が0.001%(2020年7月時点みずほ銀行)であり、約1000倍です。

 

株式投資は確かにマイナスのときはありますが、
得られるメリットは大きく、費用対効果としては抜群に良いと思います。

 

岡三-日本株式・Jリートバランスファンドの2020年度購入分がプラスになりましたが、
2019年分はマイナス継続です。

 

相変わらず日本の株式、REITがまだコロナ影響を受けての回復が遅いですね。
価格が安いものを買い続けられるということで引き続き買い続けます。

 

S&P500に連動する楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンドとSBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドはがっつりプラスです。

もしこのS&P500に全力で突っ込んでいれば、+7%程度のメリットなります。

 

 

今回のコロナ影響でもプラスに転じることができたので、今後もドルコスト平均法で積み立てを継続します。

 

銘柄 取得年 取得金額 評価額 評価損益 評価損益(%)
岡三-日本株式・Jリートバランスファンド 2019 159,262 146,108 -13,154 -8.26%
2020 108,803 109,851 1,048 0.96%
楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 2019 131,733 140,999 9,266 7.03%
2020 54,004 58,023 4,019 7.44%
SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 2019 45,274 46,046 772 1.71%
2020 56,570 60,565 3,995 7.06%
合計       5,946 1.07%

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました