はじめてBBQ ささっと炭に火をつけてみた

キャンプ・バーベキュー

BBQのときに一番困ることは、何でしょうか。

 

多くの方が挙げられるのが、炭に火をつけるのに時間がかかることではないでしょうか。

時間がかかると、なかなか食事の準備が進まずみんなのテンションも微妙になってしまいます。

今回は、私の火の起こし方をご紹介します。

 

準備するもの

 

・火おこしつぼ

・炭

・着火剤

・点火源(火・バーナー)

 

火おこしの方法

 

火おこしで重要なのは、
ある程度の時間、熱して炭を温めて、そしてその後に火がつくということ
を理解することです。

この理解がなくては、火がつきません。

ときどき、炭を油と同じようなものと勘違いされて、火をつければすぐに燃えるのではないかと勘違いされている方がおられますが、そうではありません。

燃えるもの(炭)と、空気と、火のバランスが合ってはじめて火がつきます。

この3つを意識して火をつける必要があります。

 

STEP1.火起こしつぼに炭を入れる。

このとき、炭は立てて入れてください。煙突効果で下から上への自然な空気流れを作ります。

それを炭が阻害しないようにしましょう。

 

STEP2.着火剤も炭と同じ向きでにいれる。

着火剤も空気の流れを阻害しないにしてください。

STEP3.火起こしつぼの底を少し上げ、底からも新鮮な空気がはいるようにする。(バーベキューの網の上、レンガ)

火起こしつぼの下側面には、空気の取り入れ口がありますが、それだけでは足りません。

火起こしつぼを地面に直接置いて火起こしをされる方もおられますが、空気の入口として狭すぎ、入口と出口で、入口の方が制約で空気の入る量が決まってしまうような状態では、火はつきません。

そのため、火起こしつぼを地面から少し離しておかれる場合が多いです。よくあるのが、バーベキューの網の上に置いて、その上で火起こしをします。

火起こしつぼの下側面および底から新鮮な空気が取り入れられます。

 

STEP4.火をつける。仰がない。

炭に火が付くためには、炭が温まって火が付きます。

ここで重要なのは、火で長い時間炭を温め続けるということなので、着火剤を早々に燃え尽きさせてしまうというのは、元も子もありません。

ここで、仰いでしまうと、着火剤が早くに燃え尽きてしまいます。

着火剤に火をつけて待ちます。ただひたすら待ちます。

着火剤の量があまりに少ないとすぐに燃え尽きてしまって、火がつきませんのでご注意ください。

 

STEP5.着火剤が燃え尽きるまでひたすら待つ。

いつの間にか炭に火がついておりその炭から横の炭へと移ります。

炭に火がついてからは仰いでもOKです。

 

まとめ

炭に火をつけるコツは以下の通りです。

1.ある程度の時間、熱して炭を温めて、そしてその後に火がつくということを理解

2.炭へ火をつける5STEP

 STEP1 火起こしつぼに炭を入れる
 STEP2 着火剤も炭と同じ向きでにいれる。
 STEP3  火起こしつぼの底を少し上げ、底からも新鮮な空気が入れる。
 STEP4 火をつける。仰がない。
 STEP5 着火剤が燃え尽きるまでひたすら待つ。

【初心者】はじめてのBBQ!私が買ってよかったもの‼【BBQ】
今年からBBQデビューをし、BBQグッズをいろいろと買い揃えはじめました。初心者が始めるBBQで買ってよかったものをまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました