【SBI証券ユーザー必見】三井住友カードのススメ【クレカ払い】

投資・ポイント・お金の勉強

SBI証券でクレカ払いできるカード 三井住友カードNL

SBI証券は、言わずと知れた日本でNo1の証券会社です。

一方で、クレジットカード払いができ、ポイントが貯まるという利便性から楽天証券も猛追している状況です。

そのSBI証券でも、クレジットカード払いが可能となりました。

その名も三井住友カードNLです。

三井住友カード ナンバーレス(NL)

三井住友カードNLの特徴

1. 年会費無料

クレジットカード持つ上で一番最初に気になるのがこの年会費ですが、無料です。
永年無料です。

ゴールドカードは年間5,500円かかります。

2. 毎日のお買い物でVポイントが貯まる。

還元率は通常の0.5%から、店舗や決済方法の変更で最大で5%まで増やせます。

3.ナンバーレスで安心安全

番号はアプリで管理されており、カード自体に番号の記載がないため、他人に番号が知られる心配がありません。

4.つみたて投資

SBI証券の投資信託をクレジットカードで積み立てすることができ、積立額の0.5%のVポイントが毎月貯まります。

つみたてNISAであれば最大年間40万円まで積みたてられるので、40万円×0.5%の2000円分がポイントとして還元されます。

 

まとめ

SBI証券で、投資信託をするのであれば、クレカ払いでポイントも確実に貯めてる。

そのポイントを支払いに充てるということで、投資信託購入の一つの最適解です。

ぜひオススメしますので、ご興味のあるかたは下記リンクよりカード発行を手続きください。

年会費も無料ですが、カード発行手続きに2ヵ月程度かかるため、悩まれている方はとりあえず発行しておき、その間に準備を進めるというのもありだと思います。

いざ投資信託の買い時だとなったときに、申込からとなると買い場を逃してしまい、
機会ロスを生む可能性もありますのでぜひこの機会にいかがでしょうか。
投資のためのインフラ整備の一環としても十分価値あるです。

三井住友カードNL

三井住友カード ナンバーレス(NL)

Vpointを使用して、支払いをする方法はコチラの記事を書いておりますので併せてお読みください。

【SBI証券】VポイントでつみたてNISA分を支払ってみた【クレカ払い】
SBI証券では、三井住友カードで、投資信託の購入ができます。またこのカードでは、ポイントが溜まるとそのポイントを支払い分に充てることができます。つまり、つみたてNISAなどの支払い分をVポイントで1P→1円で支払うことができます。今回はその手順をご紹介します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました