【SBI証券】VポイントでつみたてNISA分を支払ってみた【クレカ払い】

投資・ポイント・お金の勉強

SBI証券では、三井住友カードで、投資信託の購入ができます。

またこのカードでは、ポイントが溜まるとそのポイントを支払い分に充てることができます

 

つまり、つみたてNISAなどの支払い分をVポイントで1P→1円で支払うことができます。

 

今回はその手順をご紹介します。

 

1.三井住友カードアプリをクリック

スマホから三井純友カードアプリをクリックします。

Vpassと大きく描かれているのが特徴です。

※三井住友カードアプリをダウンロードしていない方は、ダウンロードして初期設定をしてください。

2.Vポイントをクリック

三井住友カードアプリを開くと、下図の画面が開くので、Vポイント部分をクリックします。
今回は500Pのキャッシュバックを申し込みます。

3.ポイント残高をクリック

下図の画面のポイント残高 500P>をクリックします。

4.MENUをクリック

SMBC画面が開くので、右上のMENUをクリック

5.ポイント交換をクリック

メニューの中でポイント交換がありますので、ポイント交換をクリック

6.キャッシュバックをクリック

ポイント交換の中で▼キャッシュバックがありますので、キャッシュバックをクリック

7.キャッシュバックの図をクリック

お支払い金額にキャッシュバックするの下にキャッシュバックの図が出てくるのでクリック

 

なお、このキャッシュバックはVpassのログインが必要です。SMBCダイレクトからログインされた場合はご利用できませんのでご注意ください。

この順序をたどってきた方は、最初に三井住友カードログイン時に、Vpassでのログインが完了しているため問題になりません。

 

8.Vポイント規約・同意

Vpoint規約を読んで、上記規約に同意するをクリック

9.キャッシュバックをクリック

画面が開くと、下図の画面が出てくるので、Newキャッシュバックをクリック 1P→1円で使えます。

注意点として、その月に支払いがなかった場合、キャッシュバック残高として、最大3ヵ月、翌月へ繰り越されます。

そのため、大量にポイントが溜まっていて、支払額が少ない人は都度実施が、ポイント失効につながらないので良いです。

Vポイント自体の有効期限は、三井住友カードアプリから確認できます。

またキャッシュバック繰越残高への反映には最大3週間程度かかります。

 

10.キャッシュバック申込ポイント数をクリック

キャッシュバック申込ポイント数を入力し、確認するをクリック(最下部にあります)

11.申込内容確認、決定で申し込み完了

申込内容で、入力したポイント数に間違いがないかを確認し、決定するのボタンをクリック

すると申し込みが完了となります。

最初は戸惑う操作ですが、慣れるとあっという間にできます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました