【コスパ最強】フライパンならエバークックで決定!【焦げ付かない】

生活

 

毎日の料理で欠かせないのが、フライパン

こびりつき、焦げ付きなどでなかなか洗うのが大変というご家庭も多いのではないでしょうか

 

我が家でも、大体のものは食洗器で洗うのですが

フライパンだけは大きく入らないので手洗いです。

 

手で洗うだけでも大変なのに、こびりついていてなかなか汚れが落ちなく

非常にストレスを感じていました

 

 

そんなある日、見つけたのがエバークックのフライパンです

今回はこのエバークックのフライパンのご紹介です。

 

エバークックのフライパンの特徴

 

焦げ付きにくいと謳われるフライパンはフッ素樹脂コーティングされています。

 

一般的なフライパンのフッ素樹脂コーティングは接着剤を使ってコーティングしています。

この接着剤は熱に弱く、使っているうちにフッ素コーティングがはがれ、焦げ付きます。

 

このエバークックのフッ素コーティングは、接着材を用いずにコーティングされているため、

熱による劣化に強く、コーティングが長く維持されます

 

特殊構造のフッ素コーティングでこびりつきづらく、汚れ落ちもスムーズ

熱・塩分・摩擦に強いアルマイトコーティングで、焦げ付きにくい

 

エバークックの価格

 

26cmのフライパンで、2980円(2021年3月時点)です。

ティファールのフライパンだと3000円程度であり、ほとんど価格差はありません。

 

しかも、エバークックは1年間の保証付きです。

 

毎日使用して、毎日時間をかけて洗うフライパン

なるべくストレスフリーで使いたい。

 

そのためにこの金額であれば安く、費用対効果抜群です

 

エバークックの使用感

 

2020年4月にこのエバークックを購入し実際に1年間使用しました。

 

そもそも使用することになった理由です。

 

ティファールのフライパンを使用していたのですが、

最初のうちは、おっこれいいなと思っていたのですが

炒め物で傷つけてしまったせいか、あれよあれよという間に焦げ付いてしまい

いくら洗っても取れなくなってしまいました。

 

今思うと、洗うたびに少しでもきれいにとこすったため、さらに悪化させたのかもしれません。

 

ただ、毎日このフライパンを見るたびにストレスを感じる日々でした。

 

そんなとき見つけたのがこの商品でした。

値段もティファールのフライパンとそれほど変わらないので、

このフライパンを使用してみました。

 

1年間フライパンを使用した結果がコチラです。

 

ところどころ傷つきはあるものの焦げ付きは見られません。

 

本当にスルっと滑るので、

まずは油汚れをキッチンペーパーでとって、

いつも通りさらっと洗うだけできれいになり

洗う際のストレスも激減しました。

 

きつい油汚れも、キッチンペーパーでスルっと取れます。

 

1回の食事でも、フライパンを複数回、食材、品物に合わせて使用しますが、

そのたびに、フライパンを洗うとなると、料理の手間が増えます。

 

でもこのフライパンであれば、キッチンペーパーでさらっとふき取り

水洗いすれば、次の料理をさらっと始めることができます。

 

そして、この状態が常に維持されています。

 

もともと26cmサイズしか購入していなかったのですが

ダメになったフライパンはこのエバークックのフライパンに変更していく予定です。

 

商品ラインナップ

 

玉子焼き用

 

 

フライパン

IH対応とガス専用もありますので注意ください。

IHI対応

ガス専用

炒め用

 

まとめ

 

・エバークックのフライパンは、フライパンの中でコスパ最強!

・特殊加工で、スルッが継続

・汚れ落ちもきれいでストレスフリー

・価格も安い

 

 

その他オススメ商品

私が使用してすごいイイと感じているFits コチラもぜひご確認ください!

【コスパ最強】天馬TENMAFitsフィッツケース【衣装ケース】
天馬のFitsフィッツケースは、最もオススメの衣装ケースです。価格の安いものには、それなりのストレス(開きにくい、寿命が短いなど)が付きまとうことになります。価格が高い安いだけ判断するのではなく、価値を見て判断すると決して損はしない商品むしろ超オススメ商品です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました